利用規約

第1章 総 則

第1条(会員規約)

本規約は、豊島株式会社(以下、「甲」という)が運営する本サービス(第4条にて定義します)に関し、第6条所定の会員(以下、「会員」といいます)が遵守すべき事項および甲と会員との関係を定めるものです。

第2条(規約の適用)

1.本規約は、本サービスの利用に関し、すべての会員に適用されるものとします。
2.甲は、会員が本サービスを利用した場合、当該会員が本規約等に同意したものとみなすこととします。

第3条(規約の改定)

甲は会員に対する事前の通知なしに本規約を改定できるものとし、本規約改定後は改定後の規約を適用するものとします。
なお、本規約の改定後に会員が本サービスを利用した場合、当該会員が改定後の本規約に同意したものとみなすこととします。

第4条(定義)

本規約に定める「本サービス」とは、甲が『Textile-net(テキスタイルネット)』のサービスマーク、ロゴ、商標あるいは著作権表示等を付して行う、インターネット上での電子商取引サービス事業のことをいいます。

第5条(甲からの通知)

1.甲は本サービスのサイトへオンライン上の表示その他甲が適当と判断する方法により、会員に対し随時必要な事項を通知します。
2.前項の通知は、甲が当該通知の内容を本サービスのサイトオンライン上に表示した時点より効力を発するものとします。

第2章 会員

第6条(会員)

会員とは、新規登録画面より本サービスへの登録申込みを行った者をいいます。

第7条(強制退会)

甲は、会員が以下のいずれかに該当することがわかった場合、その者を退会させることがあります。

(1)会員が実在しないこと。
(2)会員規約の違反等により会員資格の停止処分中であり、または過去に会員規約の違反等で除名処分を受けたことがあること。
(3)登録の際の申告書類に、虚偽の記載、誤記または記入漏れがあったこと。
(4)甲の業務の遂行上または技術上の支障があるとき。

第8条(権利義務の譲渡等の禁止)

会員は、会員として有する権利を第三者に譲渡したり、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する当の行為はできないものとします。

第9条(退会)

会員は当社が別途定める規定の手続きに従いより、いつでも退会できるものとします。
ただし、本サービスの利用を実施している間は退会できないものとします。
会員は、会員登録の取消時点において所有している権利の一切を放棄するものとし、当社が受領した料金はその理由を問わず一切返還しないものとします。

第10条(変更の届出)

1.会員は、住所その他甲への届出内容に変更があった場合には、速やかに甲に所定の方法で変更の届出をするものとします。
2.前項届出がなかったことで会員が不利益を被ったとしても、甲は一切その責任を負いません。

第3章 義務

第11条(自己責任の原則)

1.会員は、自己のIDにより本サービスを利用してなされた一切の行為およびその結果について、当該行為を自己がしたか否かを問わず責任を負います。
2.会員は本サービスの利用に伴い、他者から問合せ、クレーム等が通知された場合は、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
3.会員は、他者の行為に対する要望、疑問もしくはクレームがある場合は、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
4.会員は、本サービスの利用により甲または他者に対して損害を与えた場合(会員が会員規約上の義務を履行しないために他者または甲が損害を被った場合を含みます)、自己の責任と費用をもって賠償するものとします。

第12条(ID、パスワードの管理)

1.会員は、自己のIDおよびこれに対応するパスワード(仮パスワード、正式パスワードその他IDとの組合せにより、個人認証を行うに足りる記号を含みます。以下同じとします。)に基づくならびに個人認証を条件として本サービスを利用する権利を有します。
2.会員は、甲が別途定める場合を除き、自己のIDおよびこれに対応するパスワードを他者に使用させず、他者と共有あるいは他者に許諾しないとともに、自己のIDおよびこれに対応するパスワードその使用および管理について一切の責任を持つものとします。
3.甲は、会員のIDおよびこれに対応するパスワードが他者に使用されたことによって当該会員に生じる損害については、当該会員の故意過失の有無にかかわらず一切責任を負いません。ただし、専ら甲の責任に起因して、会員のIDおよびこれに対応するパスワードが他者に使用された場合には、この限りではありません。
4.会員は、自己の設定したパスワードを失念した場合は直ちに甲の指定する方法により、甲に申し出るものとし、甲の指示にしたがうものとします。

第13条(私的利用の範囲外の利用禁止)

1.会員は、甲が承認した場合を除き、サービスの利用を通して入手したいかなるデータ、情報、文章、ソフトウェア等(以下、併せて「データ等」といいます)も、著作権で認められた私的利用の範囲を超える複製、販売、出版のために利用することはできません。
2.会員は、前項に違反する行為を第三者にさせることはできません。

第4章 運用

第14条(本サービスの一時的な停止等)

1.甲は、以下のいずれかの場合は、当該会員の了承を得ることなく、当該会員に付与したIDの使用を停止、もしくは本サービスの利用を制限することがあります。
(1)会員宛に発送した郵便物等が甲に返送された場合。
(2)電話、FAX,電子メール等による連絡がとれない場合。
(3)上記各号の他、緊急性が高いと甲が認めた場合。

2.甲が前項の措置をとったことで、当該会員が本サービスを利用できず、これにより損害が発生したとしても、甲は責任を負いません。

第15条(データ等の削除)

1.会員が本サービス用設備に登録したデータ等が、甲が指定した所定の期間、量を超えた場合、甲は会員に事前に通知することなく削除することがあります。
2.本サービスの運用および保守管理上の必要性から、会員に事前に通知することなく、会員が本サービス用設備に登録したデータを削除することがあります。

第16条(本サービスの一時的な中断)

1.甲は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、会員に事前に通知することなく、一時的に本サービスの全部又は一部の提供を中断することがあります。
(1)本サービス用設備等の保守を定期的にまたは緊急におこなう場合。
(2)火災、停電等により本サービスの提供が出来なくなった場合。
(3)地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合。
(4)戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスが提供できなくなった場合。
(5)その他、運用上または技術上甲が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合。

2.甲は、前項各号のいずれか、またはその他の事由により本サービスの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因する会員または第三者が被った損害について一切責任を負わないものとします。

第17条(本サービス提供の中止)

1.甲は本サービスのサイトオンライン上に事前の通知をしたうえで、本サービスの全部または一部の提供を中止することがあります。
2.甲は、本サービス中止の際、前項の手続きを経ることで、中止に伴う会員または第三者からの損害賠償を免れるものとします。

第18条(免責)

1.本サービスの内容は甲がその時点で提供可能なものとします。甲は甲が提供するデータ等、第三者が登録するデータ等について、その完全性、正確性、適用性、有用性に関し、いかなる責任も負いません。
2.甲は、会員が本サービス用設備に蓄積したデータ等の消失(第15条による削除を含みます。)、第三者による改ざんに関し、いかなる責任をも負いません。
3.第15条、前条および前二項の他、本サービスの利用により発生した会員の損害(第三者との間で生じたトラブルに起因する損害を含みます。)、および本サービスを利用できなかったことにより発生した会員または第三者の損害に対し、いかなる責任も負わないものとし、損害賠償義務を一切負わないものとします。

第19条(禁止事項)

会員は本サービスの利用にあたって以下の行為を行ってはならないものとします。もしも以下のいずれかに該当した場合、またはその可能性がある場合、サービスの利用を停止し、会員登録を抹消できるものとします。
(1)本規約各条項への違反。
(2)当社、出展者または他の会員の業務を妨げる行為。
(3)有害なコンピュータープログラム等を使用する行為。
(4)法令律の違反又は社会的に不相当な行為。
(5)その他、当社が不適当と判断する行為。

第5章 個人情報・通信の秘密

第20条(個人情報)

1.甲は、会員の個人情報を、別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。
2.甲は、会員の個人情報を、本サービスの提供以外の目的のために利用しないとともに、第三者に開示、提供しないものとします。但し、以下の場合はこの限りではありません。
(1)会員に対し、甲が関連サービス情報、技術情報等の提供のため電子メール等を送付する場合
(2)甲のサービスレベルの維持向上を図るため、アンケート調査および分析を行う場合
(3)会員から個人情報の利用に関する同意を求めるための電子メールを送付する場合
(4)法令に定める場合
3.甲は前項の利用目的の達成に必要な範囲で個人情報の取扱いを委託先に委託することができるものとします。
4.刑事訴訟法第218条に基づく強制の処分が行われた場合には、甲は当該処分の定める範囲で第1項の義務を負わないものとします。
5.会員は、自らの意思でその個人情報を本サービスを利用して公開するときは、第11条、第18条第2項および第3項が適用されることを承諾します。

第21条(通信の秘密)

1.甲は、電気電子通信事業法第4条に基づき、会員の通信の秘密を守るものとします。
2.刑事訴訟法218条に基づく強制の処分が行われた場合には、甲は当該処分の定める範囲で前項の守秘義務を負わないものとします。
3.甲は、会員の本サービス利用記録の集計、分析を行い、統計資料を作成し、新規サービスの開発等の業務の遂行のために利用、処理することがあります。また、甲は統計資料を業務提携先に提供することがあります。

第6章 その他

第22条(報告)

1.会員は、次の各号の一につき変更を行おうとするときは、速やかに甲の指定する方法により甲に通知するものとします。 (1)名称又は商号
(2)定款
(3)代表者
(4)住所
(5)資本金、資本構成(重大な変更の場合)
(6)委託費支払口座
(7)前各号に掲げる他、甲が特に必要と認める事項
2.会員は、甲から必要に応じてサービス利用の状況についての報告を求められることがあります。その場合は、速やかにその状況を報告しなければならないものとします。また、甲から書面での報告を求められた場合には、甲の指示に従い書面での報告をしなければならないものとします。

第23条(準拠法)

本契約の準拠法は日本法とし、同法に従って解釈されるものとします。

第24条(裁判管轄)

本契約に関する一切の訴訟は、名古屋地方裁判所または名古屋簡易裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

以上